病院で働いている看護師は保険診療を行うのが基本であると考えてしまいがちです。保険診療を行う病院が圧倒的に多数であり、最先端の医療を担っている現場でなければ保険適用外の診療を経験することはあまり多くありません。そのような場合、他に治療の選択肢がないからこそ行っているのが実情であり、必要最低限の費用で患者が治療を受けられるように取り計らっているという現実があるでしょう。

しかし、医療現場には保険適用外の診療ばかりを行っている医療機関もあると豆知識として知っておくことが大切です。保険診療は国民が最低限度の健康的な生活を維持するために必要なものとして確立されたものであり、それ以上を望む人に向けた診療を行っている現場ではほぼ全ての治療が保険適用外となっています。典型的なのは美容整形外科であり、美しさを求めるための診察や治療は当然ながら保険適用外の治療となります。しかし、美容を求める需要が高いことから、次々に技術開発が行われて広く受け入れられています。

また、歯科も同様であり、ホワイトニングやインプラントのように保険適用外の治療が多数あるのが特徴です。このような豆知識を知っておくメリットとして、保険適用外の診療を基本としている医療現場では概して給料が高いことがあげられます。高額の治療費用を設定しやすいため、顧客さえ獲得できていればクリニックとして収入が高いことが多いからです。その点に着目して転職する人も多くなってきているのが現状となっています。